【広陵町議会】2021年度3月定例会で一般質問を行いました。

3月1日(月)に一般質問の通告を行いまして、3月8日(月)から開会されました、広陵町議会2021年度3月定例会におきまして、一般質問を行わせていただきました。

議長を除く11名中13番手として、3月16日(火)に登壇させていただきました。

広陵町の一般質問は議員からの質問と役場の理事者側からの答弁合計して60分までとなっております。

当日の議論の様子は、ネットに配信されております。

令和3年第1回定例会 3月16日 本会議 一般質問

下記、2点につき60分しっかりと議論させていただきました。下記質問のリンクから、具体的な質問内容や役場の担当者の方とのやりとりをご覧になっていただけます。

質問1:広陵町における食育の現状とオーガニック給食の導入について

質問2:「広陵いちご」のブランド化戦略について

また、以下に各質問の本筋とは関係のない、冒頭の発言を記載しておきます。

=冒頭発言=

議席番号3番、千北慎也でございます。

ただいま、議長からお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただきます。

昨年、4月5日に選挙で初当選させていただき、約1年間広陵町議会議員として、地域内外で活動させていただきました。

その中で、広陵町の評価についてたくさんお伺いいたします。もちろん、いいご意見ばかりではありませんが、やはり、広陵町すごいなあ、ええなあ、と言っていただけることが多くございました。日々、住民サービスの向上に取り組んでいただいている理事者のみなさまに感謝申し上げるとともに、これからも、よい町であり続けるために、前向きな議論をさせていただきたく存じます。

今回は、特に「食」という観点で、大きく2点質問させていただきます。

SNSでも情報発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です